忍者ブログ
プロフィール
HN:
ハラヒラ
性別:
男性
職業:
なんちゃってデザイナー
趣味:
音楽、写真
このごろ料理
自己紹介:
Café ハラヒラへようこそ。B型のマスター“ハラヒラ”は今日もマイペース... そして流行りもんにはとりあえず手を出すミーハーっぷり。

最新コメント
無題(返信済)
(09/30)
無題(返信済)
(09/29)
無題(返信済)
(09/29)
無題(返信済)
(09/28)
無題(返信済)
(09/24)
ブログ内検索
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カウンター


毎度ありがとうございます。
= Welcome to Café harahira =
1 2 3 4 5 6 7
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

COLDPLAYの久々の新譜は

ちょっとせつないクリスマスソング。

---君の不幸がすぐに消え去りますように

クリスマスの明かりよ、光り続けておくれ ---

クリスの願いがどうか世界中に届きますように…

ファンタジックなPVでお楽しみください。

COLDPLAY / Christmas Lights

PR
記憶というのは程良く

自分の都合のいいように薄れてゆくが

記録というのは時として酷なものである。




坂本龍一北米ツアー2010最終公演@LA

今日の13時からインターネットで配信されて

今日はついに1万人を超える視聴者数を記録しました。

今回のツアーの音源はiTunesで販売されてまして

とりわけ今日のは「買い」かなと。"must buy"かなと。

そのぐらい気迫のこもった、それでいて楽しんでいるのがよくわかる

素晴らしい内容でした。

今回のUstreamでの配信は一期一会ということで

アーカイブをいっさいされてないんですね。

それだけにその稀少性というのもあいまって

生中継で見ようと集まった人が1万人を超えたんじゃないかと

まぁ、僕もその一味なんですが…(^ω^)

今日は午前中のうちに一気に仕事を片付けて

13:00〜14:45頃までずーーーっと画面の前で

イヤホンで音聞きながら堪能してましたもん。

今日は13:00スタートだったので完全に就業時間内ですよ。

怒られたら怒られたで別にいいもーん。ごめんなさいするから(^ω^;)

(まぁ怒られることもないけどね)

でもそのぐらい貴重な、有意義な時間を過ごすことが出来ました。

やっぱり上質な音楽は何にも代えがたいものがあると思いますよ。

やっぱり、No music,No lifeなのであります。
DNA
いやー、3日間音楽ネタが続いたんで

どうしようかな〜って思ったんですが

やっぱりちょっと気になってしまったもんで…(^ω^;)

この手のネタにはメッチャ弱い典型的昭和のニッポン人なんですわ。

彼が2歳の時に彼の父は天に召されたのですね…







ほい、3夜連続の秋の新譜紹介コーナーも今日が最終回。

お待ちかねのJUJUでございます。

発売日から実に2日遅れで届きましたよ。

今、アマゾン見たら品切れ状態でした。すごいッスね。

今回は全12曲すべてカヴァーです。

ここで全曲紹介しちゃいましょう。

1.Hello,Again 〜昔からある場所〜 / My Little Lover

2.つつみ込むように… / MISIA

3.Time Goes By / Every Little Thing

4.ギブス / 椎名林檎

5.There will be love there / the brilliant green

6.Don't wanna cry / 安室奈美恵

7.LOVER SOUL / JUDY & MARY

8.WHITE LOVE / SPEED

9.すき / DREAMS COME TRUE

10.WILL / 中島美嘉

11.Last Kiss / Bonnie Pink

12.First Love / 宇多田ヒカル


と、まぁ〜どうですか?この豪華なラインナップ!

しかし、さすがJUJU。すべてモノにしております。

ともすれば本人の自己満足になりがちな

芸能人のカラオケショーになってしまいそうなこの企画ですが

そこはJUJUの歌唱力とセンスで見事にオリジナルとは

一線を画す出来に仕上がっております。

僕はこのJUJUの声がホントに好きなんですよ。

このブログでも何回か語ってますが(こことかここで)

最初に聴いたときは無意識のうちにホロッときたぐらい。

ドリカムの吉田美和以来の衝撃でしたからね。

パワフルな歌唱力だけじゃなくて

そこに繊細さもあわせ持つ…みたいな。

JUJUの場合はどっちかって言うとそっちの方が強いかな。

あやうい感じ。はかなさ。

それでいて1本通った芯の強さみたいなものもあって

だから安心して聴いていられるんでしょうね〜

ま、なんのことだかさっぱりわからないかも知れませんが

とにかくハラヒラさんはJUJUが好きってことですよ。

出来る事ならいっぺんライブを見てみたいですね。

生でJUJUの歌声を聴いてみたいですよ。

現状ではなかなか難しいものがありますが…orz



ってことで

3日間にわたり音楽ネタを書かせていただきましたが

いかがでしたでしょうか?

ま、正直言ってすべて自己満足なので

何言ってるかよくわかんね〜って感じだと思いますが

今回紹介したこの3枚を心の支えに

今月も生き抜いてまいりますですよ。


はい〜、今日は昨日の続き。第2弾でございます〜。

予告通りwyolicaの新譜「Castle of wind」ダウンロード致しました〜

実に7年ぶりという長いブランクを全く感じさせない

ボーカルAzumiのほんのり甘い歌声と

コンポーザーso-toのフォーキィーなメロディー。

包まれるような安心感のある楽曲の数々は

そのクオリティの高さに改めて感心させられ

なおかつ引き寄せられてしまいます。



僕にとってのwyolicaの思い出は

10年前に合宿免許で車の免許をとったとき

宿舎に持って行ったCDの中に

wyolicaの1stアルバムが入ってたんですね。

その時は買ったばっかりのCDだったというだけで

何気なく持って行ったんですけど

約3週間の合宿中にがっつり聴きこんで

すっかりファンになってしまったという…

だから「さあいこう」とか「キスの温度」とかを聴くと

合宿所の部屋の中の様子とかを思い出すんです(^ω^)

ま、そんなことはどうでもいいんですけど

とにかくこの秋、超オススメの1枚ですので

ぜひぜひ聴いてみてください!



このPVは2ndアルバムに収録されてる「ありがとう」です。

もうこれも9年前のものなんですが、お気に入りなので

ぜひご覧くださーい!

wyolica(ワイヨリカ)が本日7年ぶりに

Newアルバム「Castle of wind」をリリース!

それを記念して彼らのライブを生中継してまして

しかもそのライブはTwitterを利用して

その場でリクエストを募り即興で演奏するという

なんとも画期的なものでした。

その模様はアーカイブで見ることが出来ますので

興味のある方は是非ご覧になってみて下さい。

http://www.ustream.tv/recorded/9888741


そんなwyolicaのNewアルバムをゲットしようと

iTunesのストアに行ったら

たまたま安藤裕子のNewアルバムも発見してしまい

さんざん思い悩んだ挙句鉛筆コロコロで安藤さんが勝ち

今日のところは安藤さんのNewアルバム「JAPANESE POP」を

ダウンロードいたしました。



こちらも2年4ヶ月ぶりのアルバムで

この季節にふさわしい上品なポップスに仕上がっております。

デビュー時からしっかりチェックさせていただいてるんですが

デビュー当時の良い部分を失うこと無く

しっかりと磨かれてきた彼女の音楽センスが

ここへきてじわじわと奥底に沁みてくる…

そして彼女自らが

「私はここから何かを始めるんだ。
 終わりの後に来る始まりを教えてくれた作品だったと思うのです。」

と、コメントしているように

新たな一歩を踏み出した安藤裕子ワールド

その独特な世界観は音楽との向き合い方を

じっくりと考えさせてくれる…

全体の印象はそんな感じです。(わかりにくっ!!)





それから、実は通販でも1枚CDを予約してて

今日届くと思ってたんですが願いはかなわず…

JUJUのカヴァーアルバム「Request」。

これは届いたらしっかりレビューしますよ。

JUJUはiTunesでは買えないからさ〜(´・ω・`)

wyolicaは明日お給料もらったら買うぞぇ!

秋の夜長は音楽三昧じゃ!


アラフォーおやじの心のメロディー。

ラストのクレジットを見ると

1971年の9月25日にレコーディングされたんですね〜

39年前のちょうど今頃ですわ。

オイラ3歳w



写真を撮るとまぶしいのでいつもこんな顔してたんやて。
MJ


今日はマイケルの命日。

あれからもう1年が経ちました。

発売日にゲットはしたものの、ずーっと封を切っていなかった

「THIS IS IT」のDVDを今まで見てました。

映画館で見たときはずーっと涙腺ゆるみっぱなしだったんですが

今日は途中ポロポロと泣きはしたものの

割と冷静に見られました。

一緒に歌ったり、体を動かしたり(^ω^)

でもマイケルのあのハイトーンのボーカルを聴くと

ポロッと涙が出ちゃったりしてね...

明日は2枚組のもう1枚の方の特典映像のDVDを見たいと思います。


雲の上の存在だったロックスターが

本当に雲の上に行っちゃってから

もう1年がたった。

今でもテレビでは映像が流れ

ラジオからは曲が流れてくるから

全くと言っていいほど実感がなくて

ライブが見れないのと、新曲が聞けないのは寂しいけど

あっちでも大好きな自転車乗ってんのかな...

いずれ僕もそっちに行くので

そしたらサインください(笑)



追伸:カンペーちゃんが今闘ってます。そっちからも応援してあげてください。
忍者ブログ × [PR]