忍者ブログ
プロフィール
HN:
ハラヒラ
性別:
男性
職業:
なんちゃってデザイナー
趣味:
音楽、写真
このごろ料理
自己紹介:
Café ハラヒラへようこそ。B型のマスター“ハラヒラ”は今日もマイペース... そして流行りもんにはとりあえず手を出すミーハーっぷり。

最新コメント
無題(返信済)
(09/30)
無題(返信済)
(09/29)
無題(返信済)
(09/29)
無題(返信済)
(09/28)
無題(返信済)
(09/24)
ブログ内検索
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カウンター


毎度ありがとうございます。
= Welcome to Café harahira =
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

はじめに

今回の震災に被災された数多くの皆様に

心からお見舞い申し上げます。

また、1日も早く平穏な日々を取り戻すことが出来ますように

心からお祈り申し上げます。



2011年3月11日14時46分。

僕は神奈川県の鎌倉市におりました。

午前中、江ノ島を散策してから

鎌倉の鶴岡八幡宮を参拝し

東京へ戻ろうかとしていた矢先の出来事でした。

地震の多い茨城に生まれ育った僕が

生まれて初めて地震を真剣に怖いと感じました。

細かい揺れが収まり、これで終わりかと思った瞬間

今までに感じたことのない大きな横揺れ。

揺れが収まるのを待たずにとにかく家に電話をして

家族の安否を確認したいと家に電話をかけまくってもなかなかつながらず

仕事中の妹とはかろうじて繋がったのでお互いの状況を確認し

再び家に電話をかけるもなかなかつながらず

家に一人でいる母のことが心配で心配でならなかったのですが

どうすることも出来ず、周囲を見渡すと信号の電気が消えていて

街全体が停電になったことがわかりました。

当然電車も動くはずもなく、まずは今晩の宿を確保することを考え

駅の近くのホテルに行って無事に部屋を確保。

しかし、素泊まりなので食料を何とかしなくてはならず

駅周辺を歩いて電気が消えても営業しているコンビニを見つけ

そこで30分以上並んで食料を確保。宿に戻って暗い中で

スマートフォンでTwitterの画面を見ながら情報収集。

今回の震災で改めてTwitterの底力を実感しました。

携帯電話、携帯メールは全く不通の中で

TwitterとGoogleのGmailがとても頼りになりました。

Twitterのタイムラインから改めて被害の大きさを知り

しばらくしてから妹からGmailが来て、母も無事なことを知り

ようやく安心することができました。

夜遅くになると電気も復旧し

テレビで津波の映像を目の当たりにし、言葉を失いました。

地震の数時間前には自分たちも海沿いにいた事を考えると

とても他人事とは思えず、改めて地震、津波の恐ろしさを感じました

翌朝、ようやく動き始めたJR線に乗り東京駅まで行くと

山手線のホームに上がるのにすでに長い行列が出来ており

外へ出て地下鉄で上野駅へ向かい、JRのホームに向かうと

やはりそこにも長蛇の列。

生まれて初めての帰宅難民となりました。

怒号が飛び交うすし詰め状態の中で揉まれること6時間。



ようやく乗れた常磐線は途中の取手まで。

取手の駅からはタクシーで帰ろうとしたのですが

タクシー乗り場はまたしても長蛇の列。

2時間近く並んだのですがまったく解消されそうにないので

諦めて駅前を歩いていたところ

運良く駅までお客さんを乗せてきたタクシーを捕まえることが出来たので

それに乗せてもらって土浦まで。

やっと、1日がかりで家に帰ることが出来ました。

家族も家も、犬たちもみんな無事でした。

部屋の中は本やCDなどが散乱していたものの

破損している物もなくほっとしました。

電気・ガスは復旧していましたが、水が止まったままで

近所の方から分けていただいた水でお米を炊いて

おにぎりを作り、豚汁も作ったそうで

温かい豚汁が本当にありがたく、美味しく感じました。

翌日、会社に行くと僕の仕事場もひどい状況でした。



しかし、建物には損傷はなく破損した物も殆ど無かったので

ひとりで黙々と、途中余震にビクっとしながらも復興作業に取り組み

なんとか1日で元通りにすることが出来ました。

外回りの手伝いで付近を会社の車で走っていると

瓦が落ちてしまった住居や倒れてしまった大谷石の塀

橋の手前では堤防の道路が大きく地割れしていたり

高架道や橋が通行止めになっている箇所も多くありました。

学校では給水車の水をもらう人の大行列

ガソリンスタンド前では給油をする車で大渋滞。

過去の震災時にテレビで見た景色が現実のものとして

目の中に飛び込んできました。

「夢であって欲しい」おそらくすべての人がそう思ったはずです。

テレビからは毎日のように緊急地震速報が流れ

被災地の悲惨な映像ばかりが繰り返し流され

スーパーに行っても棚は空っぽ。ガソリンスタンド前は大渋滞。

さらには福島原発の事故で絶体絶命のピンチに陥り

絶望感、閉塞感ばかりが漂う中で

必死に被災地で救助活動をする自衛隊や米軍の人々

原発で命がけで被害を食い止めようと戦う東電や消防の人々

また、過去に日本からの援助を受けたお礼として

貧しい国々からも寄せられる義援金のニュース

海外メディアで報じられる日本人の素晴らしさなどを

ネットのニュースなどで目にする度に

非常に大きなパワーを貰うことが出来て

自分にも何か出来ることはないかと考えるようになりました。

しかし、被災地に駆けつけることも出来ず

多額の義援金や物資を送ることも出来ず

せいぜい節電に協力したり、募金をする程度

自分の無力さにがっかりすることしきりだったのですが

何気なく目にしたブログの記事で

マザー・テレサの教えを読むことが出来ました。

マザー・テレサの名言から考える「今、自分にできること。」

これを読んだらとても気持ちが楽になりました。

これからはこのマザー・テレサの教えをもとに

“センチメンタルと不謹慎を飛びこえて、笑おう”と思います。



昨年、樹齢1000年と言われた鎌倉鶴岡八幡宮の大銀杏が

強風で倒れてしまいましたが

新たな芽を吹き、再生への道をたどっています。

その大銀杏にならい、僕らも再生への道を

一歩一歩、着実に進んでいきたいと思います。
PR
この記事にコメントする
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS
無題
・・・とにかく、ご家族もハラヒラさんもご無事でなによりでした。
多少の揺れは感じたものの、被害がほとんどなかった私たちの
想像を絶するものがあったと思います。
それでも、少しづつ良い方向へ向かっているようですから
みんなで未来へ向かって歩き始めましょう♪
「明けない夜は無い」そう信じています。
サプリメント管理士 URL 2011/03/23(Wed)00:21:05 編集
Re:無題
>「明けない夜は無い」

ほんとにそうだと思います。
不安を煽り、騒ぎ立てることはしたくありません。
人間も自然の中の一部なら自然を受け入れ生きていくだけのことです。
大自然の破壊力は凄まじいですが、その回復力も素晴らしいものです。
今は信じて、明るく生きて行きましょう〜!
2011/03/23 21:08
無題
ハラヒラ様
ご無事で良かった。

被災地の方に何ができるのか…
私も悩んでました。
募金して、満足する自分にはなりたくなかったけど
ほかに何ができるのかわからずモヤモヤでした…。

でも、
「まわりの人から、思いやろう。」
マザーテレサ、素敵です!!!
皆で日本を元気にしたいですね
ゆゅ URL 2011/03/23(Wed)21:48:31 編集
Re:無題
やぁ〜!ゆゅさん、いらっしゃいまし〜(^0^)/

僕らまで塞ぎこむことはないんですよね〜
元気なやつが日本を元気にしなくっちゃ!ですよ(^ω^)
2011/03/24 23:48
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]