忍者ブログ
プロフィール
HN:
ハラヒラ
性別:
男性
職業:
なんちゃってデザイナー
趣味:
音楽、写真
このごろ料理
自己紹介:
Café ハラヒラへようこそ。B型のマスター“ハラヒラ”は今日もマイペース... そして流行りもんにはとりあえず手を出すミーハーっぷり。

最新コメント
無題(返信済)
(09/30)
無題(返信済)
(09/29)
無題(返信済)
(09/29)
無題(返信済)
(09/28)
無題(返信済)
(09/24)
ブログ内検索
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カウンター


毎度ありがとうございます。
= Welcome to Café harahira =
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ハイチでの悪夢からまだ覚めやらぬ頃

またしても大地震による被害。

さらにはその地震による津波の被害。

大きな災害が起こる度に

人間の小ささを思い知らされるけど

それと同時に

その小さい人間が集まったときの

力の大きさに驚かされるのもこういうときで

いざ自分が被災者になった時のことを考えたら

とても傍観者ではいられない

無関心ではいられないという

気持ちの表れなんだなと思います。

twitterをはじめて、多くの人の意見を目にするようになり

つくづくそう思うようになりました。

もちろん中には全く無関心な人も少なくありませんが

それはその人の考え方ですので

正しいとか間違ってるという話でもなく

ただ、とある海辺の町で一般市民が津波の心配をして

ボランティアの方々が避難の誘導などをしてる最中に

「髭剃りの替刃はなんであんなに高いんだ」

なんてつぶやく地元の議員さんがいたりすると

瞬く間に吊し上げられたりもします。

ま、当たり前ですね。(^ω^;)



総務大臣の原口さんは

かなり頻繁に状況報告を発信してましたし

東知事もけっこうまめに情報を流してましたね。

情報伝播力の速さから言っても

Twitterがこういうときにかなり有効なツールになることは

前々から言われていたことですが

今回も改めて実証された形になったと思います。



文末になりましたが今回の地震及び津波にて

被災された皆様には心よりお見舞い申し上げます。
PR
この記事にコメントする
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]